PROGRIT(プログリット)はVersantにどの程度対応しているのか?テストの結果や平均点はどうなのか?

また、Versantスコアを上げるために、プログリットでは具体的にどのようなトレーニングをしているのか?

そこで、プログリットのVersant対応から、テストの結果、スコアアップのための具体的なトレーニング映像までご紹介します。

プログリットの「Versant」とは?

そもそもですが、プログリットで提供されている、Versantとは何なのでしょうか?

Versantは一言でいうと、国際的なビジネス英語のスピーキングテストです。(Versantは別途、ライティングと4技能のテストもあります。)

運営元はPeason(ピアソン)という海外の企業ですが、日本では提携先の日経が提供しています。

大企業が導入しており、日本では楽天などが活用しています。

Versantの特徴としては、以下のようなものがあります。

Versantスピーキングテスト概要(約1分)
  1. スマホやパソコンを使い、WEB上でどこでも受講できる
  2. 24時間365日いつでも受講でき、試験時間が17分と短い
  3. 試験会場で受験するテストより、料金が安い

このように忙しいビジネスパーソンでも受験しやすく、信頼性も高いテストになっています。

有名なビジネス英語のテストでは、TOEIC L&R TESTがあり、こちらで一定レベルの点数が取れていると、就職・転職・昇進で有利になる事があります。

ただし、TOEICがハイスコアで、英文リーディングはできるけどスピーキングができない…といったケースはよくあります。

そこで、Versantを活用する事で、ビジネス英語のスピーキング力アップを目指す事ができます。

PROGRITでVersantを確認する 

プログリットはどの程度Versantに対応してるのか?

それでは、プログリットのカリキュラムでは、どの程度Versantに対応しているのか?

運営元であるNikkeiの公式サイトによると、プログリットでは、受講の前後でVersantを受験する形になっています。

つまり、プログリットを受講すると、そのままVersant対策をする事ができると言えます。

プログリットのVersant導入事例
出典:Nikkei Business School

また、受講後にどの程度英語力が上がったのか、Versant公式サイトでスコアを確認する事ができます。

つまり、プログリット受講の前後で、どの程度英語力が上がったのかチェックする事ができます。

PROGRITでVersantを確認する 

プログリットのVersant対策?トレーニング映像

プログリットのアンバサダー(大使)として、元サッカー日本代表の本田圭佑さんが就任しています。

また、本田圭佑さんは実際にプログリットを受講しており、その中でスピーキング・トレーニングの「シャドーイング」や「瞬間英作文」をしている公式映像があります。

シャドーイングとは、聞こえた英語フレーズの音声を、すぐに発音するトレーニングの事です。

また、瞬間英作文とは、日本語の文をすぐに英語へ翻訳するトレーニングになっています。

関連記事:プログリットの瞬間英作文とは?どうやるの?本田圭佑さんが挑戦!

Versantに特化した対策というわけではありませんが、プログリットで行われているこれらトレ-ニングは、スコアアップに繋がる可能性が高いと言えます。

プログリットでは、具体的にどのようなトレーニングをするのか、実際の映像をご覧ください。

【PROGRIT×本田圭佑】トレーニング「シャドーイング」篇 FULL

 

【PROGRIT×本田圭佑】トレーニング「口頭英作文」篇

※映像では「口頭英作文」と表記されていますが、練習内容は「瞬間英作文」と一緒です。

また、実際に本田圭佑さんがプログリットを受講してみた感想も語っています。

上記の映像のようなシャドーイングのトレーニングに出てくる表現が、実際に英語圏のサッカー選手と話すときに役立っているそうです。

【PROGRIT×本田圭佑】インタビュー「本田、自身の英語学習を語る。」篇

このように、プログリットではVersantスコアだけでなく、実際に現場で使える英語力を上げる事ができます。

他の受講生の事例も含め、プログリット公式サイトからご覧ください。

PROGRIT公式サイトを確認する

プログリット受講者のVersantスコア

それでは、実際にプログリットを受講した方が、どのくらいVersantテストでスコアアップできたのか?

実際の事例をとしては、プログリットを受講してから2ヶ月や3ヶ月でVersantスコアが7点もアップしたり、全体でも平均4.5点もUPしています。

4.5点や7点というのは低い感じがするかもしれませんが、Versantは1点上げるのも難しいと言われていますので、数か月でこの点数はかなりのスコアアップです。

具体的なスコアアップの事例としては、以下のようなものがあります。

  1. プログリット受講生の平均が4.5点アップ
  2. 37点から45点アップ
  3. 2ヶ月でVe7点アップ

プログリット受講生のVersant平均スコア

出典:HRpro

プログリット受講生 Versantスコア1

プログリット受講生 Versantスコア2

出典:PROGRIT

このように、プログリットでは全体的にVersantのスコアが上がっています。

Versant以外でもTOEICなどで英語力が上がった事例もありますので、プログリット公式サイトで確認してみてください。

PROGRIT公式サイトを確認する

まとめ

Versantとは楽天なども導入している、国際的なビジネス英語のスピーキング・テストです。

プログリットでは、受講の前後でVersantテストを受験する事になっており、どの程度英語力が上がったのか確認する事ができます。

Versant対策とも言える、具体的なトレーニング法としては「シャドーイング」や「瞬間英作文」が行われています。

もちろん、個別の英語レベルや目標によって学習内容が変わる可能性もありますので、詳しくはプログリット公式サイトからご確認ください。